[走磁性多細胞原核生物「Candidatus Magnetoglobus multicellularis」への光の影響は無線周波電磁界により相殺される:ラジカル対メカニズムの関与] med./bio.

Light effects on the multicellular magnetotactic prokaryote 'Candidatus Magnetoglobus multicellularis' are cancelled by radiofrequency fields: the involvement of radical pair mechanisms.

掲載誌: Antonie Van Leeuwenhoek 2017; 110 (2): 177-186

この研究は、走磁性細胞原核生物として最も一般的に研究されているCandidatus Magnetoglobus multicellularisの光キネシスに対する光の影響(移動速度が緑色光で低下、赤色光で上昇低下:青色光および白色光との比較において)の無線周波電磁界による相殺を実験的に観察した;この相殺が生じる周波数は、ゼーマン共鳴周波数(静磁界強度4Oe、無線周波数11.5 MHz)に相当した、と報告している。

ばく露