研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[電界存在下でのラット胚性海馬ニューロンの軸索伸長] med./bio.

Axon Outgrowth of Rat Embryonic Hippocampal Neurons in the Presence of an Electric Field.

掲載誌: ACS Chem Neurosci 2016; 7 (10): 1325-1330

この研究は、ラット胚性海馬ニューロンに反応(軸索伸長)を引き起こす最適電界を探索する目的で、幅広い条件の電界ばく露実験を行った。その結果、高レベル電界条件(100mV/mmまたはそれ以上)、または低強度(10-30mV/mm)の長時間ばく露条件(10時間またはそれ以上)のいずれかで、神経突起の崩壊および細胞死が生じた;30mV/mmばく露へのニューロンの反応がばく露時期により変化するか否かを、インビトロ1日目から11日目まで(1-11DIV)の培養段階で実験すると、4-5 DIVで電界ばく露を与えた場合にニューロン軸索伸長のターンオーバーが見られた;4-5 DIVは軸索および樹状突起の形成時期である、と報告している。

ばく露