研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[直流電流はカンジダ・アルビカンス酵母の重要な細胞性状および超微細構造の特徴を修飾する:用量および極性の影響] med./bio.

Direct electric current modifies important cellular aspects and ultrastructure features of Candida albicans yeasts: Influence of doses and polarities.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2017; 38 (2): 95-108

この研究は、白金電極を用いた電流印加実験装置を使用して、カンジダ・アルビカンス酵母(C.アビカンス)に対する直流電流の抗真菌作用を調べた。印加された直流電流は3種類(陽極電流AF、電気イオン流EIF、陰極電流CF)、電気量は0.03-2.40 Cの範囲とした。その結果、C.アビカンスは直流電流の強度および極性によって明白に異なる感受性を示した;0.15 C のAF印加後に細胞生存率は劇的に低下した; 一方、CFおよびEIFの印加では、電気量を2.40Cまで上昇させても細胞は生存し続けた;AF印加では、透過電子顕微鏡による観察で、細胞微細構造の変化が見られた、と報告している。

ばく露