[屋外環境での無線周波電磁界ばく露レベルのマッピングおよび一般公衆衛生の基準レベルとの比較] tech./dosim.

Mapping of radio frequency electromagnetic field exposure levels in outdoor environment and comparing with reference levels for general public health.

掲載誌: J Expo Sci Environ Epidemiol 2018; 28 (2): 161-165

この論文は、トルコ南東部の都市ディヤルバクル中心部の幹線道路において無線周波電磁界ばく露レベルを測定し、その電界強度測定値を市街地の衛星画像上にマッピングすると共に、ICNIRPのばく露ガイドライン値との比較を行った。測定は、都市過密部、都市部および都市郊外において、それぞれ7日間連続して行った。測定装置は携帯型の高分解能スペクトルアナライザ、3軸電界アンテナで構成し、データロガーにラップトップパソコンを用いた。その結果、2つの測定場所でばく露レベルの最高値が記録され、その2箇所での瞬時の電界最大値は、7.18V/mおよび5.81V/mであった;全ばく露レベルに最も寄与したのはUMTSバンドであった;全ての測定値が、ICNIRPガイドライン一般公衆ばく露参考レベルより低かった、と報告している。

ばく露