[INTEROCC研究の職業的電磁界ばく露評価のための発生源-ばく露マトリックスの開発] tech./dosim.

Development of a source-exposure matrix for occupational exposure assessment of electromagnetic fields in the INTEROCC study.

掲載誌: J Expo Sci Environ Epidemiol 2017; 27 (4): 398-408

INTEROCC研究は、調査対象者の生涯にわたる職歴の詳細データ(化学因子、物理因子へのばく露データを含む)を収集、分析する7ヵ国共同(オーストリア、カナダ、フランス、ドイツ、イスラエル、ニュージーランド、英国)である。この研究はその一環として、収集された公表および非公表の発生源ベースの電磁界EMF)測定値を、そのデータの品質および重要性を考慮しながら、発生源-ばく露マトリックス(SEM)にまとめ上げた。このSEMには、312種のEMF発生源(0Hzから300GHzまで)について、信頼度重み付け平均および最大値の推定値が含まれている、と報告している。

ばく露

この論文に対するコメント