[フランスにおける超低周波磁界への小児のばく露:EXPERS研究の結果] tech./dosim.

Exposure of children to extremely low frequency magnetic fields in France: Results of the EXPERS study.

掲載誌: J Expo Sci Environ Epidemiol 2017; 27 (5): 505-512

このEXPERS研究は、フランス全国規模で超低周波磁界への小児の個人ばく露測定を実施した研究であり、977人の小児について24時間の個人別の測定値を収集した。全小児のデータについて、記述統計学的分析を行った。その結果、24時間の算術平均が≥0.4μTであった小児の割合は3.1%、目覚まし時計を使用していた小児を除いた場合は0.8%であった;目覚まし時計は、小児ばく露測定値に関係する主な変数であった;225 kV線までの距離が<125mまたは400 kV架空線までの距離が<200mの住宅に住む小児(全体の0.8%)の中に個人ばく露が>0.4μTの小児はなかった;小児ばく露予測モデルの構築は困難であった;小児個人ばく露の分布は、睡眠中のばく露の分布と有意な差があった(このことは、過去の疫学研究の一部のばく露評価に疑問を呈することになる)、と報告している。

ばく露