[日本での電撃による死亡率、2002-2011年:致死的電撃事故に対する新しい予防措置] elec. inj.

Electrical fatality rates in Japan, 2002-2011: New preventive measures for fatal electrical accidents.

掲載誌: IEEE Industry Applications Magazine 2016; 22 (3): 21-26

この論文は、日本における2002年から2011年までの致死的電撃事故に関する原因、身体接触点および会社規模の統計データを分析した。その結果、電撃による死亡事故の81%は、会社規模が50人未満(安全管理者の配置が義務づけられていない)の職場で発生している;手または工具と帯電物体との接触が、全死亡事故の58%を占めた;最も多い死亡事故は、手と活線(低または高電圧)との接触であった;日本では、1959年から2011年の間に7,569人の労働者が電撃で死亡し、そのデータからは金属製のネックレスやアクセサリーの着用が事故の可能性を高めることが示された;今回の結果は、新しい予防措置の検討に役立つであろう、と報告している。

ばく露