職場環境における末梢神経刺激防護のための磁界ばく露評価法として最近提案された方法の矛盾 tech./dosim.

Inconsistency of a recently proposed method for assessing magnetic field exposure for protection against peripheral nerve stimulation in occupational situations.

掲載誌: J Radiol Prot 2016; 36 (4): N77-N88

この論文は、最近公表された「電磁界職業ばく露制限に関する欧州指令2013/35 / EU実施のための拘束力のないガイド」の内容の一部を批判している。このガイドは、環境中の電界および磁界が非一様あるいは非正弦波の場合について、それぞれ、実際に適用可能な評価方法を提案している。低周波範囲の非正弦波磁界の場合は、神経刺激に関する基本的な生理学的原理に基づきながらも他の評価方法に付随するばく露の過大評価を少なくする方法であると主張して、時間領域評価(TDA)法を提案している。しかし著者は、提案されたTDA法が、2013/35 / EU指令の明白な基本原則に合致していないと述べている。その理由として、実際上重要な波形および一般的考察に基づけば、2013/35 / EUの基礎的ばく露限度値を超過する可能性があるにも拘わらず、外部磁界がTDA法では基準を満たすとみなされる可能性があることが証明されると述べ、TDA法の取り下げを推奨している。

ばく露