研究のタイプ: 疫学研究

[労働衛生および一次医療における電磁過敏症(EHS):オランダの開業医、産業医および産業衛生学者における全国調査] epidem.

Electromagnetic hypersensitivity (EHS) in occupational and primary health care: A nation-wide survey among general practitioners, occupational physicians and hygienists in the Netherlands.

掲載誌: Int J Hyg Environ Health 2017; 220 (2) Pt B: 395-400

この研究は、オランダにおいて、電磁過敏症(EHS)の相談を受ける最初の専門家となる可能性が高い3つの専門職(開業医、産業医および産業衛生学者)を対象に全国調査を実施した。以前の欧州の調査では、開業医の68-75%がEHSの相談を受けた経験があり、との結果が示された。今回のオランダの調査では、3つの専門職全体の約3分の1がEHSの相談(1件またはそれ以上)をこれまでに受けていた;これら専門職の多くは、EMFと不定愁訴との間の因果関係をある程度もっともらしいと考えていた;彼らがとったアプローチには、しばしばばく露低減の助言が含まれていた、という結果を示した。低レベルEMFばく露が報告される不定愁訴の原因となることを裏付ける科学的証拠がないこと、またこれら専門職の大半が、EMFと健康について十分に情報提供されていないと感じているという今回の知見を考慮すれば、対象を絞った情報提供活動が、症状の原因をEMFと信じる人へのエビデンスベースの対処において、彼らを支援するかも知れないと結論している。

ばく露