[マイクロ波の近傍電磁界ばく露を受けた人体頭部に関する血流測定値を用いた数値計算ドシメトリ] tech./dosim.

Computational Dosimetry of the Human Head Exposed to Near-Field Microwaves Using Measured Blood Flow.

掲載誌: IEEE Trans Electromagn Compat 2017; 59 (2): 739-746

この研究は、ヒトの被験者(n=12:22–24歳の若い男性)の頭部表面の複数部位においてレーザドップラ法で測定した血流データを評価し、次に解剖学的人体頭部モデルにおける生体熱モデル計算にその血流測定値を組み込み、周波数範囲1-12GHzのマイクロ波がもたらす温度上昇に対する血流の個人変動の影響を評価した。その結果、測定によれば、血流は測定部位および表面からの深さによって変動する;しかし、生体熱モデル計算によれば、個人および測定部位による血流の変動のために生じる頭部温度上昇ピーク値の典型的変動は±15%より小さい、と報告している。

ばく露