[中国の成都における無線周波電磁界(20-3000MHz)へのばく露の特性記述およびマッピング] tech./dosim.

Characterizing and mapping of exposure to radiofrequency electromagnetic fields (20-3,000 Mhz) in Chengdu, China.

掲載誌: Health Phys 2017; 112 (3): 266-275

この研究は、中国の成都における無線周波電磁界ばく露を大規模測定により評価した。測定地点は商業地域、都市部住宅地域、郊外住宅地域に区分され、車載測定システムを用いた一連の地点測定を2014-2015の2年間に実施し、12種類の無線周波発生源からの電界強度の特性を明らかにした。その結果、調査した環境でのばく露はガイドライン値を下回ることが示された;2年間のモニタリングでの最高値は、FM発生源からの316.23mV/mであった;全体では無線通信発生源が優勢であり、その寄与率は65-90%であった;FMおよびGSM1800からの測定値の空間分布をマップ表示した、と報告している。

ばく露