[磁気-準静的場への人体ばく露に関する数値解析のためのスカラーポテンシャル有限差分法の練成シミュレーション] tech./dosim.

A Co-Simulation Scalar-Potential Finite Difference Method for the Numerical Analysis of Human Exposure to Magneto-Quasistatic Fields.

掲載誌: IEEE Trans Magn 2017; 53 (6): 7202804

この研究は、誘導電力伝送などのばく露シナリオでの自動車と解剖学的人体ボクセルモデルにおける体内誘導電界強度をスカラーポテンシャル有限差分法(SPFD)の練成シミュレーションで数値解析した。この方法は、まず、木—補木ゲージングアルゴリズムでのシミュレーションにより外部磁界から導かれる体内の磁気ベクトルポテンシャル分布をSPFD法との練成シミュレーションで計算し、得られた磁気ベクトルポテンシャルを用いて高次の離散的ポアソン方程式を解くことで、ボクセル電界強度を計算する。この方法による体内誘導電界強度最大値(ボクセル平均)の計算結果と、モノリシック(一体的なソフトウェア)スケール−周波数のFDTD法シミュレーションによる計算結果との比較を報告している。

ばく露