[電磁波ばく露後にイン・ビトロで発生させたマウス胚の評価:形態学的研究] med./bio.

Evaluation of mouse embryos produced in vitro after electromagnetic waves exposure; morphometric study.

掲載誌: Electron Physician 2016; 8 (1): 1701-1710

この研究は、1.5TのMRI装置内で電磁界ばく露した雌雄のNMRI(Naval Medical Research Institute)マウスをばく露終了後に体外受精(IVF)のために屠殺し、その受精率および発生した胚の形態への影響を調べた。NMRIマウス(n=80)を同数ずつのばく露群と対照群に分け、MRIばく露は、36分間/日、1日/週で3週間実施した。屠殺およびIVFは、ばく露終了後の1日目、または35日目に実施した。その結果、ばく露後1日目のIVFの場合、胚の全直径、細胞質直径などの形態および受精率に影響が観察された;35日目の場合には有意な影響は見られなかった、と報告している。

ばく露