[Jurkat細胞のELF磁界に対する反応にCD45フォスファターゼが必要である] med./bio.

CD45 phosphatase in Jurkat cells is necessary for response to applied ELF magnetic fields.

掲載誌: FEBS Lett 1995; 370 (1-2): 118-122

<目的>ELF磁界曝露(50Hz,0.15mT)の影響として、CD45リン酸化酵素が関与しているかどうかについて検討する。 <方法>CD45リン酸化酵素活性が正常のT細胞由来Jurkat細胞、ならびにこの酵素活性を持たないクローンを用いて、ELF磁界曝露(50Hz,0.15mT)を行い、細胞内フリーCa2+の振動を測定する。 <結果>ELF磁界曝露(50Hz,0.15mT)により、野生型CD45リン酸化酵素活性を持つJurkat細胞細胞内フリーCa2+の振動幅増強を示した。一方、CD45を欠失しているクローンではこの反応が観察されなかった。このことから、ELF曝露はT細胞抗原受容体からのシグナル伝達における初期反応に関与する分子へ影響を及ぼしていることが考えられる。・

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露