[雄ラットでのユニモーダルおよびマルチモーダルな物体認識課題におけるWi-Fi電磁波の影響] med./bio.

The effect of Wi-Fi electromagnetic waves in unimodal and multimodal object recognition tasks in male rats.

掲載誌: Neurol Sci 2017; 38 (6): 1069-1076

この研究は、雄ラット(n=80)をばく露群および擬似ばく露群に割り当て、ばく露群には2.4 GHzのWi-Fi放射(SSIDモード:出力23.6dBm、デューティサイクル3%)を1日12時間、30日間与え、ばく露および擬似ばく露終了後に4通りの物体認識タスク実験を実施した。すなわち、自発的物体認識(SOR)、触覚SOR、視覚SOR、触覚-視覚クロスモーダル物体認識(CMOR)タスクにおいて、各動物の新規物体選好を評価した。また、海馬のM1およびGAT1受容体mRNA発現レベルを評価した。その結果、ばく露群では、4通りのタスクのどれにおいても、新規物体と馴染みのある物体が有意に区別されなかった;ばく露群ではM1型受容体発現が増加した、と報告している。

ばく露