[パレスチナ西岸地区でのWLANsによる公衆ばく露の評価] tech./dosim.

Assessment of public exposure from WLANs in the West Bank-Palestine.

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 2017; 176 (4): 434-438

この研究は、西岸地区の屋内でのWLANsによる無線周波放射へのばく露を評価するために、さまざまな場所(69箇所;一般住宅、病院、学校、他の公共の場所を含む)において測定(271件)を実施した。Narda社製SRM-3000セレクティブメータを用い、アクセスポイント(APs)からの距離を変化させて測定した。また送信モード、待ち受けモードのAPおよびクライアントカード(ラップトップコンピュータ)から1mの距離での測定も行った。その結果、WLANsからの電力密度レベルは0.001-1.9μW/cm2の範囲で変動し、平均は0.12μW/cm2であった;大きなファイル送信中のAPから20cmの距離で4.5μW/cm2に達する事例が1件あった(ただし、この値であってもICNIRPガイドラインの一般公衆ばく露限度値の221分の一である);ラップトップから1mの距離での電力密度測定値は、AP(どちらのモードにおいても)での値より低かった,と報告している。

ばく露