[無線周波電磁界にばく露された人体の温度上昇に対する環境悪条件および防護衣の影響] tech./dosim.

Effect of adverse environmental conditions and protective clothing on temperature rise in a human body exposed to radiofrequency electromagnetic fields.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2017; 38 (5): 356-363

この研究は、無線周波電磁界RF-EMF)職場の労働者がRF-EMF防護衣を着用し、種々の環境条件(高温、高湿度など)下におかれた状況を、精細に離散化された不均一人体モデル(所定の体温調節メカニズムが完全に機能する状態)でシミュレーションして、その温度プロファイルを数値計算した。その結果、RF-EMFにより生じた熱応答の大きさに対する種々の環境条件の影響は最小限のものであった;RF-EMF職業ばく露に関する国際的ガイドラインおよび安全基準に適用されている安全係数10は一般的に安全側に立ったものであるが、労働者が最も悪い環境条件におかれた場合には、辛うじて安全であるに過ぎなくなる,と報告している。

ばく露