[職場での症例対照研究におけるBerkson誤差調整および他のばく露代替指標:カナダのINTEROCC研究への応用] tech./dosim.

Berkson error adjustment and other exposure surrogates in occupational case-control studies, with application to the Canadian INTEROCC study.

掲載誌: J Expo Sci Environ Epidemiol 2018; 28 (3): 251-258

この研究は、7ヵ国参加の職業ばく露脳腫瘍リスクとの関連を調べる症例対照研究(INTEROCC研究)のうちのカナダのデータを用いて、電磁界EMF:さまざまな周波数範囲)職業ばく露による脳腫瘍発症のオッズ比を推定した。第一段階として、EMFばく露の代替指標を吟味した。職種ばく露マトリクス(JEM)の各職種でのばく露分布の算術平均幾何平均、対数正規化分布の平均について、尤度関数の数値近似によるBerkson誤差調整との比較を行った。その結果、JEMsでのBerkson誤差に関する先行研究とは対照的に、幾何平均が最も良い代替指標であることが示された;この指標を用いた分析で、超低周波磁界への累積生涯ばく露脳腫瘍リスクを上昇させることを支持する証拠は提供されなかった;この知見は、他の最近の疫学研究と一貫する、と報告している。

ばく露