[メディア報道はWiFi放射を原因と思う身体症状を引き起こし得るか?:負の期待仮説に関する実験的検証] med./bio.

Are media reports able to cause somatic symptoms attributed to WiFi radiation? An experimental test of the negative expectation hypothesis.

掲載誌: Environ Res 2017; 156: 265-271

この研究は、「“電磁界を原因と思う特発性環境不耐症(IEI-EMF)”の病因論にメディア報道が役割を持つ」という仮説を検証するために、メディア報道の身体感覚への影響を実験的に調べた。健康な実験参加者を無作為に2群に分け、EMFの健康影響に関して「有害な影響を報告するテレビの録画」(WiFi群)、「中立的報告の録画」(対照群)のどちらかを視聴させた。その後、感触(電気的)刺激刺激強度評価を実施した。この実験では、試行の50%はWiFi信号擬似ばく露下で行われた(被験者は信号発生があると教えられた)。その結果、WiFi群では、WiFi信号擬似ばく露により触刺激強度の評価スコアが上昇した(もともと身体感覚増幅レベルの高い人においてより顕著であった);WiFi群では、対照群に比べ、WiFiばく露への不安がより多く申告された;WiFi群では、実験前に比べ実験後の方が、自身のEMF感受性をより高く認知する傾向が見られた、と報告している。

ばく露

関連論文