研究のタイプ: サーベイ (疫学研究)

[環境ばく露と小児白血病のリスク:概観] review

Environmental Exposure and Risk of Childhood Leukemia: An Overview.

掲載誌: Arch Med Res 2016; 47 (8): 607-614

この論文は、小児白血病の病因としての環境要因へのばく露を概観している。小児白血病は子どもにおいて診断される世界中で最も一般的ながんであるが、その原因は極少数(主に一部の遺伝的症候群や高線量放射線)しか確立されていない。発生率の地理的ばらつきに触発されて、環境要因と小児白血病リスクとの関連の研究に多大な努力がなされてきた。殺虫剤への親の職業ばく露についての証拠が幾つか現れてきているが、出生後の殺虫剤ばく露との関連の証拠はより少ない。診断放射線およびラドン被ばくが示唆されているが、説得力のある研究が依然として欠如している。超低周波磁界については、多くの研究でリスクの僅かな上昇が一貫して示されているが、可能性のある説明としてのバイアスおよび交絡因子が排除できない。環境および放射線関連以外の要因のうち、最も有望な候補は、一般的な感染症の異常なパターンであるが、どのような子どもが最もリスクが高いか、また、その感染経路についての理解が十分ではない。著者らは、小児白血病には性別、年齢、および地理による発生率の明確なパターンが見られ、その病因における環境の役割が示唆されるものの、地球規模の小児白血病の負担への主要な寄与因子としての重要な環境リスク要因は、放射線を含めて確立されていない、と結論付けている。

影響評価項目

ばく露