[雄マウスの生殖能力指標に対する中間周波磁界の影響] med./bio.

Effects of intermediate frequency magnetic fields on male fertility indicators in mice.

掲載誌: Environ Res 2017; 157: 64-70

この研究は、中間周波(IF)磁界ばく露が雄性の生殖能力指標に及ぼすかも知れない影響を調べた。雄のC57BL/6Jマウスを、12および120μTの7.5kHz磁界に連続的に5週間ばく露した。精巣上体尾部から精子細胞を採取し、運動性、総精子数、頭部の異常について分析した。運動性のある精子を、前進性または非前進性に分類した。精巣精子細胞の頭部もカウントした。その結果、体重増加および生殖組織重量は影響されなかった。精子数または精子の頭部の異常については、ばく露に関連した差は認められなかった。120μTばく露群では運動性のない細胞の比率は有意に低下し、運動性のある細胞の比率の上昇が見られた(非前進性の運動性細胞で有意)。著者らは、生殖能力指標への悪影響は認められなかったと結論付けている。

ばく露