研究のタイプ: レビュー (疫学研究)

[小児白血病と磁界、ラドンおよびガンマ線についての研究の比較分析] review

Comparative analyses of studies of childhood leukemia and magnetic fields, radon and gamma radiation.

掲載誌: J Radiol Prot 2017; 37 (2): 459-491

この研究は、超低周波(ELF)磁界および/または電力線までの距離、ならびに、ラドンおよびガンマ線被ばくまたは原子発電所までの距離を調べた、小児白血病についての疫学研究の知見を比較した。非電離放射線(ELF磁界)と電離放射線の研究では、多くの方法論的側面が共通である。系統的検索で、重要な論文33件および補足論文35件を同定し、このレビューに含めた。その結果、バイアスの兆候が幾つか認められた;交絡因子が結果に相当の影響力を及ぼした証拠はほとんどない;研究の実施および解釈に対する被験者の転居の影響力は複雑で、選択バイアス、交絡、測定誤差の増加、あるいは潜在的リスク要因となり得る;電力線および原子発電所までの距離に関するその他の要因を調査すべきである、と結論付けている。

影響評価項目

ばく露