研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[神経幹細胞の増殖、分化およびアポトーシスに対するGSM携帯電話から発せられる無線周波ばく露の影響] med./bio.

Effects of radiofrequency exposure emitted from a GSM mobile phone on proliferation, differentiation, and apoptosis of neural stem cells.

掲載誌: Anat Cell Biol 2017; 50 (2): 115-123

この研究は、成獣のマウスの神経幹細胞(NSC)の増殖分化およびアポトーシスに対する、GSM 900 MHz携帯電話から発せられる無線周波RF放射への異なるばく露時間の影響をイン・ビトロで評価した。NSCの増殖神経アッセイで、分化神経細胞マーカーの免疫蛍光アッセイで、アポトーシスはアラマーブルーアッセイおよびカスパーゼ3アポトーシスアッセイで評価した。その結果、GSM 900 MHzのRFへのばく露時間の増加に伴い、神経球の数および大きさ、ならびに神経分化した細胞の割合が有意に低下することが認められた。対照的に、細胞の生存力、アポトーシス、ならびに星状細胞への分化に対する、異なるばく露時間のRFの影響は認められなかった。著者らは、GSM 900 MHzのRFばく露の蓄積は、NSCの増殖および神経発生に深刻な影響をもたらすかも知れない、と結論付けている。

ばく露

研究助成