研究のタイプ: リスクコミュニケーション/リスク認知の研究 (実際的研究)

[現代の健康ハザードについての心配の由来:メディア報道と性格傾向との共同的影響力の実験的証拠] risk

On the origin of worries about modern health hazards: Experimental evidence for a conjoint influence of media reports and personality traits.

掲載誌: Psychol Health 2018; 33 (3): 361-380

この研究は、現代の健康不安(Modern Health Worries: MHW)の形成において偏ったメディア報道が果たしているかも知れない役割を調べるため、2つの実験で、典型的なTV報道がMHWに影響するか否かを調査した。研究1では、参加者130人を、本態性環境不耐症(idiopathic environmental intolerance : IEI)についての映像、または結晶線維症についての映像のどちらかの視聴に無作為に割り当てた。研究2では、参加者82人を、電磁界の危険性についての映像、または対照条件の映像のどちらかの視聴に無作為に割り当てた。その結果、研究1では、個人的な特徴が高い[影響を受け易い]参加者のみで、IEI映像視聴後にMHWが亢進した。研究2では、電磁界の危険性についての映像視聴後に特に電磁波についての不安が高まることが示された。著者らは、センセーショナルな短いマスメディア報道の有意で具体的な影響力が、2つの研究で明らかになった、と結論付けている。

リスク認知

影響評価項目

ばく露