[電磁界および一酸化窒素の影響力下での多能性および神経分化マーカーの発現] med./bio.

The expression of pluripotency and neuronal differentiation markers under the influence of electromagnetic field and nitric oxide.

掲載誌: Mol Cell Neurosci 2017; 85: 19-28

一酸化窒素NO)は二次メッセンジャーとして細胞の生理学的機能に寄与しているフリーラジカル化合物であり、その変動はタンパク質の活動に影響力を及ぼし、細胞内シグナル伝達カスケードのトリガとなる。低周波電磁界は、原形質膜をターゲットとし、イオンおよび小型の電気リガンドに力を加えることで、細胞分化等の細胞生物学を変化させる。この研究は、骨髄間葉幹細胞(BMSC)における幹細胞性および神経分化マーカーの発現に対する、これらの化学的(NO)および物理学的(電磁界)因子の影響を調べた。細胞を低濃度(500 μM)および高濃度(1 mM)のDeta-NO、ならびに50 Hz電磁界で処理した。多能性、ならびに神経分化遺伝子およびタンパク質発現を、リアルタイムqPCRおよび免疫細胞化学法で調べた。その結果、電磁界とNO(1 mM)での同時処理は、幹細胞マーカーの発現下方制御、および神経分化マーカーの発現上方制御を生じた。細胞増殖が減少し、細胞の形態が変化して大多数の細胞の原形質に神経タンパク質マーカーが含まれるようになった。著者らは、低濃度のNOは細胞の幹細胞性状態を防護するが、高濃度のNOと電磁界細胞分化経路に進むのを後押しする、と結論付けている。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露