[磁気共鳴画像撮影に伴う電磁界がヒトの心拍変動に及ぼす影響‐予備的研究] med./bio.

Effect of electromagnetic field accompanying the magnetic resonance imaging on human heart rate variability - a pilot study.

掲載誌: Int J Inj Contr Saf Promot 2018; 25 (2): 229-231

この研究は、心拍変動(HRV)に対する磁気共鳴画像撮影(MRI)による電磁界の影響を評価した。患者24人について30分間の心電図モニタリングを2回(MRIの直前および直後)実施した。その結果、MRI試験後にNN間隔の標準偏差(SDNN)および超低頻度が上昇したが、低頻度:高頻度のパラメータは有意に低下した。著者らは、この結果はMRIが交感神経‐副交感神経のバランスを変化させることでHRVに影響を及ぼし得る可能性が高いことを示している、と結論付けている。

ばく露