[屋内の2.5 GHz Wi-F-デバイス放射にばく露したWistarラットの脳内でのRAPDプロファイリング、DNA断片化、組織形態計測試験] med./bio.

RAPD Profiling, DNA Fragmentation, and Histomorphometric Examination in Brains of Wistar Rats Exposed to Indoor 2.5 Ghz Wi-Fi Devices Radiation.

掲載誌: Biomed Res Int 2017; 2017: 8653286

この研究は、Wi-Fiデバイスからの無線周波放射が若齢の雄ラットの脳に及ぼす影響を調べた。ラットを4群に均等に分け、グループ1を対照群、グループ2、3および4を、水と餌に自由にアクセスできる状態で、それぞれ30、45および60日間隔で2.5 GHzにばく露した。組織病理学的分析で血管のうっ血により脳組織の変化を確認し、また、脳内でのDNA損傷アガロースゲル電気泳動を用いて分析した。著者らは、組織形態計測分析で、血管周囲のうっ血および組織損傷が見られた、と報告している。

ばく露