[4Gネットワークによる人口集団のRFばく露の単純化した評価方法] tech./dosim.

Simplified Assessment Method for Population RF Exposure Induced by a 4G Network.

掲載誌: IEEE Journal of Electromagnetics, RF and Microwaves in Medicine and Biology 2017; 1 (1): 34 - 40

この論文は、一般的な都市部における第4世代携帯電話(4G)ネットワークから生じる無線周波RF電磁界への人口集団の日常的なばく露の評価のための、代用モデリングに基づく単純化した方法を提示し、4Gによる集団全体のRFばく露の不確かさを初めて特徴付けている。全体として、4GによるRFばく露平均値が1.19×10^(-7 ) W/kgの一般極値分布に従うことが示された。更に著者らは、アップリンク放射が支配的な第3世代携帯電話(3G)によるRFばく露とは対照的に、4GによるRFばく露では、eolved Node B[eNB:LTE基地局]から受信された電力密度の重要性が強調され、4Gでは、モバイル端末からのアップリンクばく露ばく露全体の25%に過ぎない、と報告している。

ばく露