[1-GHzマイクロ波の影響力下での地域感染肺炎の臨床後段階における全血単核白血球中のサイクリン、サイクリン依存性キナーゼ、およびそれらの阻害剤の量との関連] med./bio.

Relationship between the Contents of Cyclins, Cyclin-Dependent Kinases, and Their Inhibitors in Whole Blood Mononuclear Leukocytes during the Postclinical Stage of Community-Acquired Pneumonia under the Influence of 1-GHz Microwaves.

掲載誌: Bull Exp Biol Med 2017; 163 (5): 623-626

この研究は、健康な提供者および回復期の地域感染肺炎の患者の全血単核球細胞を低強度の1 GHz電磁放射へのばく露した後に、サイクリンA1、B1、E1およびD1、サイクリン依存性キナーゼ2および4(CDK2およびCDK4)、サイクリン依存性キナーゼ2C阻害剤(p18)、およびサイクリン依存性キナーゼ1C阻害剤(p57)の量を測定した。その結果、回復期のサイクリンA1、D1およびB1、p53およびp18タンパク質、ならびにCDK2のレベルが減少したが、サイクリンB1の量は両群で増加した。回復期にはサイクリンB1の量とサイクリンA1およびCDK2のレベルとの強い相関が認められた。全血細胞の1 GHzマイクロ波への単回ばく露後、分析した因子(特にサイクリンA1およびE1)の量が増加した。これらのデータは、マイクロ波放射細胞周期合成期(S期)の活性化を生じることを示している、と著者らは結論付けている。

ばく露