研究のタイプ: レビュー

[新生児保育器内の電磁界:警告の理由] review

Electromagnetic fields in neonatal incubators: the reasons for an alert.

掲載誌: J Matern Fetal Neonatal Med 2019; 32 (4): 695-699

このレビューは、保育器内の電磁界ばく露とその新生児への影響に関する、1993~2017年に発表された論文をレビューした。合計15編の論文が同定された。保育器内の電磁界レベルは、電源からマットレスまでの距離に応じて2~100 mG[0.2~10 μT]であった。これらの値は、メラトニン産出あるいは迷走神経緊張干渉する、と著者らは述べている。また、介護者は保育器の近くで200 mG[20 μT]を超える高い電磁界ばく露される、としている。このため、保育器のデザインに念のためのアプローチ[precautionary approach]を適用することが望ましい、と著者らは結論付けている。

影響評価項目

ばく露