[ヒトメラノサイトにおけるp-ERKおよびp-SAPK/JNK経路を通じたメラニン形成に対する超低周波電磁界の影響] med./bio.

Effects of Extremely Low Frequency Electromagnetic Fields on Melanogenesis through p-ERK and p-SAPK/JNK Pathways in Human Melanocytes.

掲載誌: Int J Mol Sci 2017; 18 (10)

この研究は、メラノサイトにおけるメラニン形成に対する超低周波(ELF)磁界の周波数依存性の影響をイン・ビトロで評価した。メラノサイトを2 mTの30-75 Hz磁界に3日間ばく露し、メラニン形成を調べた。その結果、50および60 HzのELF磁界ばく露は、細胞損傷細胞増殖およびミトコンドリア活性の変化なしにメラニン形成の成熟を生じた。50 Hzばく露細胞では対照群と比較して、メラニンの量およびチロシナーゼ活性が高く、チロシナーゼ関連タンパク質-2のmRNA発現が増加した。50-75 Hzばく露細胞では対照群と比較して、リン酸化環状アデノシン一リン酸応答配列結合タンパク質(p-CREB)のレベルが高かった。50および60 Hzばく露細胞では対照群と比較して、免疫組織化学染色でのメラノサイト特異的マーカー(HMB45、Meran-A)が強く発現していた。ゆえに、50HzのELF磁界ばく露は、p-CREBおよびp-p38の活性化、ならびにリン酸化された細胞シグナル調節タンパク質キナーゼおよびリン酸化されたストレス活性化プロテインキナーゼ/c-Jun N末端キナーゼの阻害を通じて、メラノサイトにおけるメラニン形成を刺激し得る、と著者らは結論付けている。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露