[年齢依存性の誘電特性を有する年齢別の頭部モデルを用いた携帯電話の電磁界への子どものばく露の評価] tech./dosim.

Evaluation of children exposure to electromagnetic fields of mobile phones using age-specific head models with age-dependent dielectric properties.

掲載誌: IEEE Access 2017; 5: 27345 - 27353

この研究は、子どもの電磁界ばく露を正確に評価するための、年齢別の解剖学的構造および年齢依存性の組織の誘電特性を考慮した現実的な頭部モデルを開発した。出生後の発育中、人体組織細胞の数および大きさは増加するが、水分含量は減少する。そうした変化は一般的に、組織の誘電特性を有意に変化させる。子どもまたは保護者が通常の携帯電話を使用した場合の、異なる年齢に対するSARレベルを、開発した子どもの頭部モデルを用いて調査した。その結果、幼児(生後3か月)の脳組織における700 MHzおよび2600 MHzでの最大SARレベルは、成人よりもそれぞれ61%および78%高かった。幼児(生後3か月)の頭部における700 MHzおよび2600 MHzでの吸収電力の割合は、成人よりもそれぞれ40.6%および24%高かった。この結果は、頭部の解剖学的構造の年齢依存性の変化および/または年齢依存性の組織の誘電特性を考慮しない縮小頭部モデルを用いた先行研究では、子どもの頭部におけるSARレベルが過小評価されていたことを示しており、幼児に対してはより低い限度値が必要かも知れない、と著者らは述べている。

ばく露