[第五世代ワイヤレス技術の実地試験による3.5 GHz平面波無線周波電磁界への幼児の非意図的ばく露についての数値解析] tech./dosim.

Numerical analysis for infant’s unintentional exposure to 3.5 GHz plane wave radiofrequency electromagnetic fields by field test of fifth generation wireless technologies.

掲載誌: Radio Sci 2017; 52 (9): 1140-1148

この研究は、実地試験中の第五世代(5G)信号への非意図的なばく露を調べるため、3.5 GHzの無線周波RF電磁界への幼児の平面波ばく露を数値解析した。年齢依存性の誘電特性のドシメトリ的な影響力と、成人の人体の影響力を、生後12か月の幼児モデルおよび成人女性モデルを用いて評価した。その結果、全身平均比吸収率(WBASAR)には、年齢依存性の誘電特性による有意な影響はなく、成人の人体の影響力はWBASARを高めなかった。定位での(in situ電界強度の大きさを考慮した場合、現実的なWBASARは基本制限よりも遥かに低かった。年齢依存性の誘電特性は、内臓の組織毎のSAR(TSSAR)を有意に変化させた。但し、その絶対値は僅かなため、差は有意ではなかった。TSSARの差に影響力を及ぼす要因のうち、誘電特性の変化が密接に相関していることが示された。全体として、3.5 GHzでは、第三世代(3G)および第四世代(4G)信号へのばく露の場合と比較して、幼児はより多くの電力吸収しない。この研究は、ネットワーク事業者およびデバイス製造業者が、実地試験において特に幼児の潜在的ばく露リスクを推定するのに役立つ、と著者らは述べている。

ばく露