[高い誘導電磁界への急性ばく露は末梢感覚ニューロンモデルの活性に影響する] med./bio.

Acute exposure to high-induction electromagnetic field affects activity of model peripheral sensory neurons.

掲載誌: J Cell Mol Med 2018; 22 (2): 1355-1362

この研究は、後根神経ニューロン由来のF11細胞を末梢神経ニューロンのイン・ビトロモデルに用いて、3つのプロトコルの高い誘導磁界刺激が、化学的反応性および自発的活動に及ぼす影響を調べた。F11細胞低周波電磁界に短時間(180秒未満)ばく露した。その結果、傷害部位で形成される強い痛みを生じる炎症因子であるブラジキニンに応答するカルシウム移行が減少した。更に、ニューロンの自発的活動に対する低周波電磁界の即時的で可逆的な増強作用が特徴付けられた。この結果は、電磁界が感覚ニューロンの活動を直接変調させるかも知れなという新たな証拠を示しており、また、その作用の細胞および分子レベルでの機序研究のためのツールとしてのニューロン由来細胞株の可能性を強調している、と著者らは結論付けている。

ばく露