研究のタイプ: サーベイ

[非電離電磁界へのばく露の不妊への影響の計量科学研究:部分的な失敗の理由の理解への寄与] review

Scientometric study of the effects of exposure to non-ionizing electromagnetic fields on fertility: A contribution to understanding the reasons of partial failure.

掲載誌: PLoS One 2017; 12 (12): e0187890

この研究は、非電離電磁界不妊に及ぼす影響について、査読誌に掲載された論文の計量科学分析を実施した。過去26年間に査読誌に発表された104報を同定し、掲載誌のインパクト、当該論文の被引用動態、キーワード引用、引用の地理的特徴、共著動態を分析した。その結果、異なる動物モデル(げっ歯類、ウサギ、モルモット、ブタ)ならびに異なる実験アプローチ(疫学と実験研究)でインパクトは同じであり、これは研究活動において一般的に採用される標準がないことを強調するものであることが示された。キーワードの時間的傾向性や、異なる国で引用に大きく差があることの分析では、この分野の研究へのアプローチの難しさが示された。また、論文の著者らは結びついたコミュニティとしてではなく、結びつきのない小さなクラスターとして行動することが示された。この結果から、非電離電磁界不妊への影響に関する研究結果の信頼性と有用性を改善するためには、より標準化されたモデルを採用すること、研究の質と科学界の内部での情報交換を改善すること、に努力しなければならない、と著者らは結論付けている。

影響評価項目

ばく露