[方向が不確かな50 Hzの一様磁界への子どものばく露の評価のための確率論的ドシメトリ] tech./dosim.

Stochastic Dosimetry for the Assessment of Children Exposure to Uniform 50 Hz Magnetic Field with Uncertain Orientation.

掲載誌: Biomed Res Int 2017; 2017: 4672124

この研究は、確率論的ドシメトリを用いて、方向が不確かな50 Hzの一様磁界への5-14歳の子どものばく露に焦点を当てた。子どもの中枢神経系(CNS)および末梢神経系PNS)の各組織における誘導電界に対し、磁界の向きの変動がどのように影響力を及ぼすかを、代用モデルを用いて評価した。その結果、子どものCNSおよびPNS組織における誘導電界は、可能性のある1000通りの磁界の方向を考慮した場合、国際非電離放射線防護委員会ICNIRP)の一般公衆に対する基本制限の範囲内であり、年齢が異なる子どものばく露レベルに有意差はないことが示された。5-14歳の代表的な子どもの各組織におけるばく露レベルの推定に有益な「平均確率モデル」が開発された。

ばく露