[ラットの精巣上体管組織に対する2100 MHz無線周波放射の影響] med./bio.

Effects of 2100 MHz radio frequency radiation on ductus epididymis tissue in rats.

掲載誌: Bratisl Lek Listy 2017; 118 (12): 759-764

この研究は、ラット精巣上体組織に対する、2100 MHzの無線周波RFばく露によって生じるかも知れない組織病理学的影響を、光学顕微鏡及び免疫組織化学法で調べた。Wistarアルビノラット18匹をSAR = 0.36 W/kgのRFに30分間/日、6日間/週、1か月または2か月間ばく露群、及び対照群とした(各群n = 6)。研究終了後、精巣上体組織の構造的変化を評価した。その結果、両ばく露群の精巣上体管の一部のチャネルに精子が認められず、一部のチャネルでの精子濃度の低下が見られた。交差チャネル間質結合組織において結合組織の喪失及び浮腫領域が認められた。また、対照群に関しては交差チャネル間質結合組織において血管新生が大幅に増加した、と著者らは報告している。

ばく露

研究助成