[ロシアでの電磁界ばく露ガイドラインにおける強度‐時間依存の量的クライテリア] misc.

Intensity-time dependence dosing criterion in the EMF exposure guidelines in Russia.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2018; 37 (1): 43-49

この論文は、労働環境及び一般環境での電磁界ばく露ガイドラインの策定におけるロシアの主なアプローチを論じている。ロシアにおける電磁界ばく露ガイドラインは、衛生学、臨床、生理学疫学及び実験研究の結果に基づいており、周波数に依存している。有害なばく露の影響による職業及び環境要因の閾値原則の概念が、異なる周波数範囲の許容可能なばく露レベルの策定に用いられてきた。実験研究のデータは、電磁界の影響の有害な閾値レベルを示した。実験研究で評価された電磁界の有害なばく露の主なクライテリアは、慢性(長期的)及び急性ばく露の両方の閾値レベルの推定に関連していた。また、この論文には、無線周波RF)及び商用周波への長期的な電磁界ばく露の影響と継続時間(いわゆる時間依存アプローチ)との相関についての、最近の幾つかの実験研究のデータが盛り込まれている。これは、ばく露時間に依存した許容可能な電磁界ばく露レベルの値の同定を可能とするものであり、このアプローチは1日あたりのばく露可能時間に関して確立された職業ばく露ガイドラインの策定に用いられている、と著者らは述べている。

ばく露