研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[発育及び孵化能力に対するニワトリ胚の発生中の1800 MHz電磁界の影響] med./bio.

Effect of a 1800 MHz electromagnetic field emitted during embryogenesis on chick development and hatchability.

掲載誌: Anat Histol Embryol 2018; 47 (3): 222-230

ニワトリ胚の発生は、生体組織に対する電磁界の影響を調べるための良好なモデルと考えられてきた。この研究は、胚発生中の1800 MHzの電磁界が、孵化したヒヨコの奇形心臓及び肝臓形態計測パラメータ、血漿コルチコステロン濃度、肝臓中の脂質及びグリコーゲン含量に及ぼす影響を調べた。その結果、1800 MHz電磁界は胚発生期を短縮する(孵化を早める)が、ヒヨコの量及び質、ならびに胚の奇形発生率の増加には影響しなかった。ニワトリ胚の電磁界ばく露は、心臓の相対重量及び右心室壁圧を減少させた。ヒヨコの孵化はストレスのある電磁界のインパクトによって加速された可能性があり、これは胚発生期にばく露されたヒヨコにおける血漿コルチコステロン濃度の有意な上昇、ならびに肝臓での脂質及びグリコーゲンの低下によって確認された、と著者らは結論付けている。

ばく露