研究のタイプ: サーベイ

[自然免疫における低周波電磁界に対する免疫調節の視点] review

Immune-Modulating Perspectives for Low Frequency Electromagnetic Fields in Innate Immunity.

掲載誌: Front Public Health 2018; 6: 85

この論文は、免疫系に対する電磁界の影響に関するレビューである。免疫系に対する電磁界の影響は、近年、健康への負のインパクトの可能性だけでなく、免疫応答を都合良く調節する可能性の探究の面でも、高い関心を集めてきている。有益な応答を生じるには、免疫系は病原菌を根絶する一方、無関係の抗原を許容することが望ましい。このレビューによれば、感染した、または傷付いた細胞から放出される、あるいは自然免疫細胞から分泌される損傷関連分子は、免疫応答を活性化させる危険信号を発する。これらの信号はその後の、炎症前または抗炎症反応における免疫応答を制御する、恒常性維持機構の活性化にも関連しており、これが治療的処置による調節を可能にする。このレビューで著者らは、危険信号及び自然免疫細胞の活性化に関連する細胞の信号及び因子に対する超低周波(ELF)電磁界及びパルス電磁界の影響について考察している。

影響評価項目

ばく露