[無線周波電磁波へのばく露は雄ラットにおけるアセチルコリンエステラーゼ遺伝子発現、探索的及び運動協調関連行動を変化させる] med./bio.

Exposure to radio-frequency electromagnetic waves alters acetylcholinesterase gene expression, exploratory and motor coordination-linked behaviour in male rats.

掲載誌: Toxicol Rep 2017; 4: 530-534

この研究は、2.5 GHz帯の無線周波RF電磁界ばく露が、雄ラット大脳皮質アセチルコリンエステラーゼ(AChE)活性及びそのmRNA発現レベル、ならびに運動機能及び不安関連行動に及ぼす影響を調査した。ラットを4群に割付け、第1群を対照、第2~4群をWi-Fiデバイスからの2.5 GHz RFにそれぞれ4、6、8週間ばく露した。その結果、Wi-Fiばく露不安レベルの有意な増加を生じ、運動機能に影響を及ぼした。更に、ばく露群では対照群と比較して、AChE活性の有意な低下、ならびにAChE mRNA発現レベルの上昇が認められた。これらのデータは、Wi-Fiへの長期ばく露神経変性疾患等の悪影響につながるかも知れないことを示している、と著者らは結論付けている。

ばく露