研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[小児期のMRI画像撮影は完全に安全か? 重大な異議申し立て] review

Is MRI imaging in pediatric age totally safe? A critical reprisal.

掲載誌: Radiol Med 2018; 123 (9): 695-702

この論文は、小児の患者に生じるかも知れない磁気共鳴画像撮影(MRI)のリスクに関して、MRIの生物学的影響、鎮痛剤及びガドリニウム化合物のリスクに焦点を絞った文献データの後ろ向きレビューである。主な懸念は、(1) 非電離電磁界生物学的影響(ヒトの組織との相互作用の機序は分極、誘導電流、加熱)、(2) MRI検査中に生じる騒音に関するリスク、(3) 強磁性の外部及び対内植込み型デバイスからのハザード(MRI室内に無意識に持ち込まれたリスク成人よりも子どもで高い)、(4) 鎮静剤または全身麻酔に関するリスク(検査が長時間にわたることから、非常に幼い患者においてMRIを実施する際の本質的な問題)、(5) ガドリニウムベースの造影剤(特に脳への沈着が新たに報告されていることに関して)と著者らは述べている。

影響評価項目

ばく露