[ヒトの頭頸部がん細胞における血管新生及び細胞侵襲に対する携帯電話の無線周波の影響] med./bio.

Effect of cell-phone radiofrequency on angiogenesis and cell invasion in human head and neck cancer cells.

掲載誌: Head Neck 2018; 40 (10): 2166-2171

この研究は、漿尿膜(chorioallantoic membrane: CAM)ならびにヒト頭頸部がん細胞株(FaDu及びSCC25)を用いて、携帯電話無線周波放射がそれぞれ血管新生細胞侵襲、頭頸部がん細胞のコロニー形成に及ぼす影響を調べた。ウェスタンブロット分析を用いて、E-カドヘリン及びErk1/Erk2遺伝子の制御に対する携帯電話のインパクトを調べた。その結果、携帯電話のRFはCAMの血管新生促進し、細胞侵襲及びヒト頭頸部がん細胞のコロニー形成を強めた。これには、E-カドヘリン発現下方制御を伴っていた。更に、携帯電話はこの実験モデルにおいてErk1/Erk2を活性化させた、と著者らは報告している。

ばく露