研究のタイプ: レビュー (疫学研究)

[皮膚に対する携帯電話及びタブレットの電磁波の影響:系統的レビュー] review

Radiation Effects of Mobile Phones and Tablets on the Skin: A Systematic Review.

掲載誌: Adv Med 2018; 2018: 9242718

この研究は、携帯電話及びタブレットと皮膚病との関連を調べるため、PubMed、Scopus、Springer、Cochrane及びGoogle Scholarを含むデータベースを1995-2013年まで検索し、英語及びペルシャ語で書かれ、被験者が全年齢で、皮膚病を報告した記述的、観察的研究を抽出し、系統的レビューを実施した。大半の研究は皮膚がんの兆候に焦点を当てていた。合計6報、被験者が合計392119人(年齢25歳以上)の研究をレビューした。デンマーク全土でのコホート研究では、基底細胞がんの男女間の発生率比(IRR)の推定値は1前後であった。他の研究では、体温の上昇、温感の過敏、顔面の皮膚炎、頭皮の血管肉腫携帯電話使用後のばく露側の顔の皮膚での灼熱感、等の報告があった。全体的な評価として、携帯電話及びタブレットからの電磁波が皮膚に及ぼす影響に関する証拠のレベルは低いことが示された、と著者らは結論付けている。

影響評価項目

ばく露