[キダチアロエの液汁はイン・ビトロの雄性生殖系において電磁界による酸化ストレスを防止し、病態生理から防護する] med./bio.

Aloe arborescens juice prevents EMF-induced oxidative stress and thus protects from pathophysiology in the male reproductive system in vitro.

掲載誌: Environ Res 2018; 166: 141-149

この研究は、キダチアロエの液汁が、電磁界による精原細胞損傷を防止するかどうかを、マウスの精子形成経路の細胞株(GC-1 spg及びGC-2 spd)を用いてイン・ビトロで調べた。その結果、アロエ液汁には特に細胞の酸化系に対して、電磁界によって生じる細胞内活性酸素種を減少させ、結果的にDNA損傷細胞周期停止を防止し、両細胞株生存能力及び代謝活性を保護する正の作用があることが示唆された、と著者らは報告している。
EMF-Portalによる注記:ばく露の詳細情報なし]

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露