[都市環境でのLTE 1800 MHzリファーミング及びその他のRF波源による個人ばく露レベルの比較分析] tech./dosim.

Comparative analysis of personal exposure levels induced by long-term evolution 1800 Re-farming and other RF sources in an urban environment.

掲載誌: IET Microwaves, Antennas & Propagation 2018; 12 (7): 1185 - 1190

この研究は、日常環境中に最近設置されたLTE 1800 MHz及びその他の無線周波RF)波源への個人ばく露における、実際のアップリンク(UL)及びダウンリンク(DL)の傾向のナローバンド分析を実施した。0.25 Hzのサンプリング周波数で取得した1,677,600回の測定サンプルで構成される実験的データセットの分析及び事後処理から結果を導出した。電界較正済みの個人ばく露メータを用いて都市部の90地点(屋外及び屋内の微小環境を含む)で測定値を収集した。その結果、GSMLTE 1800 UL及びGSM+LTE 1800 DLは屋内環境では0.004-0.546%の範囲であった。電界の最大値はGSM+LTE 900 DLで1.77 V/m、GSMLTE 1800 DLで0.644 V/mであった。これらの結果は、都市環境でのばく露レベルは、LTE 1800のリファーミング展開後でも、国際非電離放射線防護委員会ICNIRP)の参考レベルを大幅に下回ることを確認するものである、と著者らは結論付けている。

ばく露