[1800 MHz無線周波電磁界にばく露したマウス精母細胞由来細胞におけるDNA損傷に対するオートファジーの防護作用] med./bio.

The Protective Effect of Autophagy on DNA Damage in Mouse Spermatocyte-Derived Cells Exposed to 1800 MHz Radiofrequency Electromagnetic Fields.

掲載誌: Cell Physiol Biochem 2018; 48 (1): 29-41

この研究は、無線周波RF電磁界による精母細胞のオートファジーの機序及び役割を調べた。マウスの精母細胞由来細胞(GC-2)をRF電磁界に4 W/kgで24時間ばく露し、活性酸素種ROS)のレベルをROSアッセイキットで、DNA損傷をコメットアッセイで、オートファジーを3つの指標(LC3II/LC3I、自食作用胞、GFP-LC3ドット、それぞれウェスタンブロット、透過型電子顕微鏡、GFP-LC3形質移入による)で調べた。分子シグナル伝達経路のAMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)/mTORの発現をウェスタンブロットで調べた。その結果、RFはGC-2細胞にROS産生を通じてオートファジー及びDNA損傷を生じ、またROS産生によってAMPK/mTORオートファジーシグナル伝達経路が活性化された。更に、AMPKαのノックダウンによりオートファジーを抑制したGC-2細胞では、RFばく露後にDNA損傷の増加が認められ、AMPKαの過剰発現はオートファジーを促進し、DNA損傷を減少させた、と著者らは報告している。

ばく露