研究のタイプ: サーベイ

[非電離電磁界の生物学的影響:コインの表と裏] review

Biological effects of non-ionizing electromagnetic fields: Two sides of a coin.

掲載誌: Prog Biophys Mol Biol 2019; 141: 25-36

このレビューは、議論の余地があり、衝撃的で、しばしば矛盾する科学的報告が、過去数十年間にわたって科学誌やマスメディアにおける電磁界生物学的影響についての活発な議論のトリガとなっており、これは結果的に電磁界によって人体に生じる真のハザードについての一貫した結論の導出を妨げている、としている。例として、電磁界細胞アポトーシスやDNA損傷を生じ得ることを示す多くの論文がある一方で、そうした影響はむしろ有益で、がんを含む各種の疾病の治療に効果的に活用できる、と述べている。その上で、低周波及び高周波電磁界ばく露に関する各種のイン・ビトロ、イン・ビボ、疫学研究の結果を検討・分析し、酸化ストレス及びDNA損傷誘導における電磁界の役割についての最近のデータの分析、生殖系に対する電磁界のインパクト、電磁界血液がんとの関連について論じている。また、悪影響とは別に、様々な病理における臨床応用のための電磁界の潜在的可能性にも言及している。

影響評価項目

ばく露