[動物のクリプトクロムの光周期に対するミリテスラ磁界の影響] tech./dosim.

Millitesla magnetic field effects on the photocycle of an animal cryptochrome.

掲載誌: Sci Rep 2017; 7: 42228

ショウジョウバエは、動物磁気感知生物物理学的機序と、人為起源の弱い低周波電磁界生物学的結果を生じる可能性の両方に対する、モデル生物として用いられている。どちらの場合でも推定される受容体は、渡り鳥の磁気コンパスや昆虫の磁気に対する行動学的反応の原因と考えられている、タンパク質のクリプトクロムである。この研究は、キイロショウジョウバエのクリプトクロムにおける光による電子輸送反応が、数ミリテスラ磁界によって実際に影響されることを示している。フラビン及びトリプトファン・ラジカルを含むたんぱく質の形状は、クリプトクロム‐フォトリアーゼファミリーと密接に関連しているものとは顕著に異なる動態を示す、と著者らは述べている。

ばく露