[サブTHzレシーバーとしてのヒトの皮膚-5Gはこれを危険にさらすか否か?] tech./dosim.

The human skin as a sub-THz receiver - Does 5G pose a danger to it or not?

掲載誌: Environ Res 2018; 163: 208-216

マイクロ波放射とヒトとの相互作用において、皮膚は従来、単に水で満たされた吸収性スポンジ層と考えられてきた。この著者らは先行研究で、上皮層の汗腺のコイル状の部位がサブTHz帯域ではヘリカルアンテナと見なされ、この考えが間違いであることを示した。著者らは、サブTHz領域ではヒトの皮膚反射率は発汗強度、即ち汗腺の導電率に依存し、ストレスレベル(身体的、精神的及び感情的)と相関することを実験的に示した。著者らはその後、ヘリカルアンテナの軸モードのシグネチャーである皮膚からの反射率の円偏向二色性を検出した。著者らは、心電図パラメータとヒトの皮膚のサブTHz反射係数との相関も見出した。著者らは最近の研究で、汗腺のヘリカルセグメントを盛り込んで皮膚の多層構造を考慮したシミュレーションツールを開発した。汗腺の存在は、超高周波帯域での皮膚の高い比吸収率SAR)につながる。この論文で著者らは、この現象の物理的な証拠を要約し、電磁スペクトルの今後の開発への意味合いを考察している。

ばく露